×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

借金を何とかしたい、解決したい。借金返済、専門家紹介サイトTOP > 借金返済の手続 > 過払い金返還請求

過払い金返還請求について

 
過払い金について、最初に話します。


過払い金というのは、借金を返した人が貸金業者に返済し過ぎたお金のことです。

元々はお金を払う必要がないのですが,貸金業者に払い過ぎたお金なのです。

借金をした期間が5〜7年間以上で借金の金利が20%を超える方は,過払い金が有る可能性が相当に高いです。

その払いすぎたお金を、過払い金返還請求という手続きで取り戻すことができます。


「過払い金返還請求」というのは、返済をし過ぎたお金をを返してもらうため請求することです。

払い過ぎたお金を計算し,計算した額を返還請求することにより、みなさんのお金を取り戻すことができます。


「借金の返済のし過ぎ等ということは、普通の常識では考えられない。」と思う方が、少なくないと思います。

しかし、現実には、借金の返済額が大幅に減ってしまう。

借金が減ってしまう以前に、相当のお金が戻ってくる事も少なくないのです。



過払い金が、なぜ発生するのか?



法律上、取れる利息(法定利率)は、

・借金の元本が100万円以上の場合:15%以下

・借金の元本が10万円以上、100万円未満の場合:18%以下

・借金の元本が10万円未満の場合:20%以下

と決定しています。(利息制限法1条)。


しかし、消費者金融業者やクレジットカード会社(以下「消費者金融業者等」といいます。)の多くは、このような利息制限法で決められた利率を無視していました。

もし、利息制限法通りの金利であれば、残りの借金はどの程度の額になるかを計算します。


計算をしますと、


・借金を全て返済している場合は、当然、法定利率を超える部分が、過払い(払い過ぎ)になります。消費者金融業者等に、過払い金・その金利の払いすぎの金額等を返還請求をします。

・借金を全て返済していない場合は、一般に7年以上の取引があれば、法定利率を超える部分が元本より多くなり、過払いの状態ですので、当然、消費者金融業者等に過払い金・その金利の払いすぎの金額等を返還請求をします。


これが、過払い金返還請求の手順です。


このような手続きは、借金の法律の専門家でなければ、難しいです。

借金の法律の専門家に無料で相談できますので、まずは、借金の法律の専門家の意見を聞いてみてはいかがでしょうか?



相談無料・全国対応!
今すぐ借金を減らす、無くす、取り戻すにはこちら↓です

借金問題は解決できます!まずは相談! 三枝基行法律事務所

 

借金返済の手続記事一覧

過払い金返還請求

過払い金について、最初に話します。 過払い金というのは、借金を返した人が貸金業者に返済し過ぎたお金のことです。元々はお金を払う必要がないのですが,貸金...

任意整理

任意整理とは、借金の取引の開始の時点にさかのぼって利息制限法の上限金利(15〜20%)に金利を引き下げて再計算することにより借金を減額します。そして、原則として今後支払う金...

個人再生・民事再生

民事再生の手続きは任意整理の手続きでは借金を返済していくことは難しいが、自己破産をしたくない場合に考える手続きです。民事再生の分かりやすい手続き例は、自宅だけは他人の手...

自己破産

自己破産とは、財産等が足りないため、借金の支払時期が来ても、続けて全ての借金を支払うことができない状態になった事を裁判所に認めてもらい、法的に、借金の支払いを免除されます。...

借金をすでに完済された方

借金の全額を返済していてもその借金の完済した日が、10年以内なら過払い金返還請求をする事ができます。また、現在、借金を返済中でも消費者金融業者等との取引が長期間であれば、長...

過払い金返還請求は法律で決められた権利です。

過払い金返還請求は昔から多くの方が利用してきましたが、貸出金利の法改正があり、利息制限法を越えた金利は無効であると最高裁判所の判決で決定いたしました。 そのため、今まで消費...

借金を解決する手続きに関する多い質問

・自己破産しか、借金の解決方法はありませんか?自己破産以外にも借金の解決方法はあります。個人再生・民事再生や任意整理等もあります。・借金を解決する手続きを家族に...

多重債務

多重債務とは、複数の借金の借り入れにより、借金の返済能力を超えて借金をしている状態です。現在、日本では消費者金融業者等の利用者は、1400万人を超え、そのうち200万人...