×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

借金を何とかしたい、解決したい。借金返済、専門家紹介サイトTOP > 借金返済の手続 > 任意整理

任意整理について

 
任意整理とは、借金の取引の開始の時点にさかのぼって利息制限法の上限金利(15〜20%)に金利を引き下げて再計算することにより借金を減額します。

そして、原則として今後支払う金利を0%とし、元本のみを3年ぐらいの分割で返済するという話を和解として消費者金融業者等と契約し、それ以降この和解通りに借金の返済をすることで、借金を減額する手続です。


任意整理は、自己破産や民事再生等のデメリットを考えて、上記の再計算や今後支払う金利を0%とし、そのまま借金の返済を続ける場合と比較して、実際に借金を返済する金額を減額することができます。

 
任意整理の和解の交渉は、借金の法律の専門家がみなさんの代理人となって、消費者金融業者等と話し合いにより再び契約します。

任意整理をすると、原則として借金の取引の開始の時点にさかのぼって利息制限法の上限金利(15〜20%)に、金利を引き下げて再計算することで減額された元本のみを分割して借金の返済すれば大丈夫です。

将来の金利や遅延損害金を返済する必要がないです。また、月々の借金の返済額も、日常生活に支障のない金額に減額することができます。



任意整理を利用できる方

・借金の減額後の残りの借金を3年ぐらいで返済できる方

・持続して収入を得る可能性がある方



任意整理のメリット


・借金をしている方が消費者金融業者等との交渉を直接する必要がない。

・過払い金があればお金が戻ってくる。

・今までの借金の取引で利息制限法の利率を超えていた場合は、元本の金額を再計算する。今後支払う金利を0%になる。


・任意整理とは裁判所等の機関を利用せずに借金の法律の専門家に依頼して、消費者金融業者等と借金の法律の専門家が交渉をすることにより、金利や遅延損害金、毎月の借金の支払額を減額する等の手続きをして借金を減らす手続きです。

・みなさんが裁判所などに出向く必要がありません。


・手続きのすべては借金の法律の専門家がみなさんに代わって行います。

・消費者金融業者等は、もし、みなさんが直接金利や支払額の減額の交渉をしようとしてもまず相手にしません。

消費者金融業者等は金貸しの専門家です。それで利益を出しています。

すんなりと借金の返済額の減額や金利を下げることはしたくないです。


必ず信用できる借金の法律の専門家に依頼してください。



任意整理のデメリット


・和解がうまくまとまらない時もある。

・保証人に借金の支払の請求が行きます。

任意整理をすると、消費者金融業者等は保証人に借金の返済を支払うように求めることになります。

保証人がいる借金の場合は借金の任意整理をする前に保証人に任意整理をする説明して、保証人の状況によっては借金の保証人も任意整理をする必要があります。

ただし、保証人の方に迷惑をかけたくないでしょうから、任意整理の手続きは整理する借金を選ぶことができますので、保証人がついていない借金については任意整理の手続きををして、保証人がついている借金に関しては、今までと変わりなく返済していく方法も考えられます。


・任意整理をすると信用情報機関に事故情報(俗に言うブラックリスト)として情報が登録されますので、5〜7年程度はローンやクレジットができなくなる場合があります。これは自己破産、個人再生の手続きをした場合も同じです。



借金の解決方法について


任意整理だけでなく、すべての借金の解決方法にはメリット・デメリットがあります。

借金を解決するためにいろいろな方法がありますが、メリットやデメリットを比べて検討する事は重要なことです。


借金の法律の専門家に無料で相談できますので、まずは、借金の法律の専門家の意見を聞いてみてはいかがでしょうか?



相談無料・全国対応!
借金の悩みを解決するには、こちら↓からどうぞ

借金問題は解決できます!まずは相談! 三枝基行法律事務所



 

借金返済の手続記事一覧

過払い金返還請求

過払い金について、最初に話します。 過払い金というのは、借金を返した人が貸金業者に返済し過ぎたお金のことです。元々はお金を払う必要がないのですが,貸金...

任意整理

任意整理とは、借金の取引の開始の時点にさかのぼって利息制限法の上限金利(15〜20%)に金利を引き下げて再計算することにより借金を減額します。そして、原則として今後支払う金...

個人再生・民事再生

民事再生の手続きは任意整理の手続きでは借金を返済していくことは難しいが、自己破産をしたくない場合に考える手続きです。民事再生の分かりやすい手続き例は、自宅だけは他人の手...

自己破産

自己破産とは、財産等が足りないため、借金の支払時期が来ても、続けて全ての借金を支払うことができない状態になった事を裁判所に認めてもらい、法的に、借金の支払いを免除されます。...

借金をすでに完済された方

借金の全額を返済していてもその借金の完済した日が、10年以内なら過払い金返還請求をする事ができます。また、現在、借金を返済中でも消費者金融業者等との取引が長期間であれば、長...

過払い金返還請求は法律で決められた権利です。

過払い金返還請求は昔から多くの方が利用してきましたが、貸出金利の法改正があり、利息制限法を越えた金利は無効であると最高裁判所の判決で決定いたしました。 そのため、今まで消費...

借金を解決する手続きに関する多い質問

・自己破産しか、借金の解決方法はありませんか?自己破産以外にも借金の解決方法はあります。個人再生・民事再生や任意整理等もあります。・借金を解決する手続きを家族に...

多重債務

多重債務とは、複数の借金の借り入れにより、借金の返済能力を超えて借金をしている状態です。現在、日本では消費者金融業者等の利用者は、1400万人を超え、そのうち200万人...