×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

借金を何とかしたい、解決したい。借金返済、専門家紹介サイトTOP > 借金返済の手続 > 個人再生・民事再生

個人再生・民事再生について

 
民事再生の手続きは任意整理の手続きでは借金を返済していくことは難しいが、自己破産をしたくない場合に考える手続きです。


民事再生の分かりやすい手続き例は、自宅だけは他人の手に渡したくないと考えている方が生活をやり直すために活用する、裁判所の手続きを必要とする法的な借金の解決方法です。

ただし、住宅ローンの減額はできませんが、それ以外の借金をを減額できる手続きです。

これは2001年4月から始まり、一般的にはあまり名を聞かれない手続きであります。

この民事再生手続きは住宅ローンを返済することができず、自己破産する人達が増加してきたため、そのような人々を助けるためにできた制度だと言われています。


任意整理でも住宅ローンを除いて任意整理をすれば同じ手続きと考えがちであります。

しかし、任意整理との大きな違いがあります。それは借金の元本を大幅に減額できます。

実際に金額として、借金をどのぐらい減額が可能でしょうか?


これは住宅ローンを除く借金の総額の5分の1又は100万円、いずれか多い額を通常3年間で返済すれば残りの借金は全て払わなくて良いという手続きです。


例として、3000万円の住宅ローンがあり、その他に600万円の借金がある場合、住宅ローンはそのまま支払っていきます。

その他の借金は120万円まで減額され、これを3年間で返済していくことが出来れば、残りの480万円は払わなくて良い手続きです。



個人再生・民事再生のメリット


・日常生活を制限されることはほとんどないです。

・自己破産とは違い、借金の理由がどのようなものでも良く、「ギャンブル等」や「浪費等」であっても手続きが可能である。

・住宅ローン以外の借金を法的に減額することができます。

・自己破産ができない方でも、民事再生はできます。

・住宅ローンの返済計画を変更できます。

・民事再生は借金が大幅に減額となります。そのうえ、将来の金利を0%にすることができます。

・所有する自宅を手放すことなく、生活をやり直すことができます。

・自分の財産(車等)を所有し続けることができる。

・民事再生の申し立てをすると支払いや差し押さえを中止することができます。



個人再生・民事再生のデメリット


・民事再生の手続き期間が時間がかかります。

・民事再生は手続きがとても難しいため、借金の法律の専門家の報酬が他の手続きより高いです。

また、個人再生委員を選任する必要がある可能性があるため、その報酬として裁判所に約20万円を支払う必要がある場合があります。

・住宅ローンについては全額、借金の額は減額されない。

・原則3年間で借金の返済をしなければいけません。

・信用情報機関に事故情報として登録されます。

そのため、5〜7年程度はローンやクレジットができなくなる場合があります。

・民事再生を利用できる一定の制限(一定の収入が持続してあること、また住宅ローンを除いた借金の総額が5000万円以下であること。)があります。

この制限に該当しなければ手続きをすることができません。       

・官報に名前が掲載されます。

・民事再生の手続きが認められなければ、自己破産をしなければいけない場合があります。



借金の解決方法について


個人再生・民事再生だけでなく、すべての借金の解決方法にはメリット・デメリットがあります。

借金を解決するためにいろいろな方法がありますが、メリットやデメリットを比べて検討する事は重要なことです。


借金の法律の専門家に無料で相談できますので、まずは、借金の法律の専門家の意見を聞いてみてはいかがでしょうか?



相談無料・全国対応!
今すぐ借金返済の悩みを解決するにはこちら↓です

借金問題は解決できます!まずは相談! 三枝基行法律事務所

 

借金返済の手続記事一覧

過払い金返還請求

過払い金について、最初に話します。 過払い金というのは、借金を返した人が貸金業者に返済し過ぎたお金のことです。元々はお金を払う必要がないのですが,貸金...

任意整理

任意整理とは、借金の取引の開始の時点にさかのぼって利息制限法の上限金利(15〜20%)に金利を引き下げて再計算することにより借金を減額します。そして、原則として今後支払う金...

個人再生・民事再生

民事再生の手続きは任意整理の手続きでは借金を返済していくことは難しいが、自己破産をしたくない場合に考える手続きです。民事再生の分かりやすい手続き例は、自宅だけは他人の手...

自己破産

自己破産とは、財産等が足りないため、借金の支払時期が来ても、続けて全ての借金を支払うことができない状態になった事を裁判所に認めてもらい、法的に、借金の支払いを免除されます。...

借金をすでに完済された方

借金の全額を返済していてもその借金の完済した日が、10年以内なら過払い金返還請求をする事ができます。また、現在、借金を返済中でも消費者金融業者等との取引が長期間であれば、長...

過払い金返還請求は法律で決められた権利です。

過払い金返還請求は昔から多くの方が利用してきましたが、貸出金利の法改正があり、利息制限法を越えた金利は無効であると最高裁判所の判決で決定いたしました。 そのため、今まで消費...

借金を解決する手続きに関する多い質問

・自己破産しか、借金の解決方法はありませんか?自己破産以外にも借金の解決方法はあります。個人再生・民事再生や任意整理等もあります。・借金を解決する手続きを家族に...

多重債務

多重債務とは、複数の借金の借り入れにより、借金の返済能力を超えて借金をしている状態です。現在、日本では消費者金融業者等の利用者は、1400万人を超え、そのうち200万人...